• TOP
  • 取扱製品
  • 薄衣電解工業の特色
  • 試作・技術開発
  • 品質保証・環境保全
  • 会社案内
  • お問合わせ

電子部品・設備向け精密機能めっき

TOP > 取扱製品 > 電子部品・設備向け精密機能めっき > >銀めっき

銀めっき

優れた電気伝導性と、優れた光反射性により、LED等省エネ・エコ関連分野での需要急増

概略

銀めっきは、電気伝導性は金属中で最良という優れた物性から各種コネクター、スイッチや、ICリードフレーム等、極めて広範囲な分野で利用されています。

また、実用金属の中では最も明るい銀白色であり、LEDの反射鏡としての需要が急増しています。

なお、銀めっきは、非常に硫化変色を起こしやすいため、めっき後の変色防止処理や、出荷時の梱包で脱硫タイプの梱包材を利用する等の対策が望まれます。

銀めっき エッチングシートのリードフレームへの無光沢銀めっきの量産 薄衣電解工業

▲ページトップに戻る

弊社の特徴

  • ・ 無光沢銀・半光沢銀・光沢銀と幅広いラインアップ:
  • 銀めっきは、含有する成分により性質や特長が異なるため、様々な用途に使い分けられております。弊社では、主に接点や端子に利用される光沢(硬質)銀めっき、主にリードフレームのワイヤーボンディングに利用される無光沢(軟質)銀めっき、耐熱性に優れた半光沢銀めっきと幅広いラインアップを取り揃えて、お客様のニーズに対応しております。
  • ・ 硫化防止への対応:
  • 銀めっきは、非常に硫化変色を起こしやすい特徴があります。弊社では、お客様のご要望に応じて、硫化防止として、めっき後の変色防止処理や、密封梱包、脱硫タイプの梱包材の利用等の対策が可能です。
  • ・ 各種環境規制への対応:
  • RoHSに代表される各種環境規制にも対応しております。また、めっき被膜の分析を定期的に行い、規制対象物質が閾値未満であることを確認すると共に、お客様のご要望に応じてICPデータとして提供しております。

対応工法・サイズ・色調

  工法 サイズ
吊るし バレル
光沢(硬質)銀 - -
半光沢銀 500×500
無光沢(軟質)銀 500×500

銀めっきの特徴

  • ・ 光沢(硬質)銀めっき:
  • Hvが100~150あり、電気接触抵抗が低く、はんだ付け性に優れていることから、コネクター分野に多く利用されています。また、無光沢(軟質)銀めっきに比べて、硫化変色が進みにくい特徴があります。
  • ・ 無光沢(軟質)銀めっき:
  • 純度が99.9%と高く、ボンダビリティに高信頼性を発揮することから、リードフレーム等のワイヤーボンディングに最適です。弊社では、エッチングシートのリードフレームへの無光沢銀めっきの量産を行っております。

▲ページトップに戻る